浅田真央、胃腸炎で緊急帰国

asada_kikoku

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで女子6位に終わった浅田真央(25)が14日朝、大会が行われていたスペイン・バルセロナからドイツ経由で羽田空港に帰国しました。
帽子を目深にかぶり、マスク姿。関係者に出迎えられ、取材には応じず家路につきました。

女子フリー(12)を終えた後、体調不良を訴えており、チームドクターの診察を受け「胃腸炎」と診断され、13日のエキシビジョン(13日)の出場を回避し、本日日本に帰国しました。

しかし、札幌で行われる25日の「全日本選手権」には出場をする意向を示しており、日本スケート連盟関係者に既に示しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る